ファフナー スロット 新台。 蒼穹のファフナー2 スロット新台 天井 フリーズ 打ち方 解析

フィーバー蒼穹のファフナー2 パチンコ新台

ファフナー スロット 新台

台の基本情報• 機種名:蒼穹のファフナー• メーカー:SANKYO• 導入時期:2014年12月• タイプ:擬似ボ+ART(2.2枚) ゲーム性について パチンコでも話題になったファフナーが遂にスロットに登場! 出玉増加のメインはART。 チャンスゾーンからARTに突入させ、レア役、特化ゾーンによる上乗せや、ボーナス(擬似ボーナス、30G)で出玉を増やす仕様。 基本的な打ち方 目押しレベル ボーナス絵柄が見えれば問題ないレベル 通常時の打ち方・リール配列• 左リール赤7を目安にレア役をフォロー• スイカが滑ってきたときは、中、右リール赤7を目安にスイカをフォロー スイカが上段に揃えば強スイカ 立ち回りのポイント 情報は正確であるよう配慮していますが、間違っている可能性もありますので、最終的な判断は、ご自身でご判断ください。 天井&恩恵• 恩恵:AT乙姫チャンス当選。 またはVバトル やめ時 ART後、即やめでも問題はないが、CZ突入となるG数が複数あるため、111G+前兆をフォローする130G付近まで回してやめるのが、良いと思われます。 Vバトル中にV揃いなしで敗北した場合、111G以内に乙姫覚醒が確定。 設定差・設定推測 設定差に関しては、個人的に注目したいポイントのみ記載しています。 細かい部分まで知りたい方は、解析サイトなどをご覧ください。 設定確定パターン• ボーナス終了画面で私服絵背景が出た場合、獲得枚数99枚以下で456確定、100枚以上獲得時なら設定6確定。 100枚以上獲得時、一騎&真矢で設定1否定• 天国A、B滞在時、100~109Gでゲーム数による乙姫チャンス、Vバトル告知は高設定が濃厚となる。 注目すべき設定差• 初稼働の状況 今回の稼働は設置が1台しかない結構さびれたホールで打ちました。 初期投資に少しかかってしまいましたが、程よく上乗せをし初当たりも比較的軽く、なんとか投資をまくることができ、プラスで稼働を終えることが出来ました。 その後も、適度に打っています。 ART後、即やめ台があると、ついつい打ってしまうのです。 筐体関連 マクロス2筐体であるので操作性は特に気になりませんでした。 マクロスの際に問題になった爆音については、音量調整対応だけでなく、筐体右上のスピーカーには横に音が行きにくいように、カバーで対応していたので、マクロスでの打ち手の意見を参考にしているように感じることが出来て良かったと思います。 それらについては、以下の項目で触れていきます。 演出関連 この機種は演出関連でいくつか挙げたいと思います。 通常時ゾロ目ゲーム数でチャンスゾーン抽選をしているので、そこまで退屈にはならないかと思われます。 ただ前兆が長い演出(出撃クライマックス)があります。 4ゲームごとのストーリーステップアップ演出なのですが、結果当たれば良いのですが引っ張られた挙句ボタンを押して終了するので、最終ジャッジをもう少しうまく見せて欲しいと思いました。 リールロックレア役対応のリールロック演出は、3段階目まで行けばフリーズのようですが、このロックの際に「シャングリラ」の楽曲に合わせてロックするのは、個人的にはかなり好きなロックの仕方でした。 乙女覚醒ゾーンART自力チャンスゾーンですが、ここでは15G間でボタンを集めることになります。 ここで集めたボタンはゾーン消化後に実際プッシュボタンを押して、ARTの当否を確認することになります。 小役が揃うからフリーズとかではなく、本当によく分からないのです。 Vバトルこちらも自力解除チャンスゾーンですが、ここで当選するとARTのスタートは150G以上からのスタートとなります。 この台で一番やってはいけないと思えたのがココです。 つまりVが揃っただけでは第一段階をクリアしただけにすぎません。 役モノは実は2ルートあり、期待度がそこまで高くないルートと高いルートがあります。 さらにこのVゾーンというチャンスゾーンは乙女覚醒ゾーンとは異なり「天井までのゲーム数がクリアされます」。 内部的におそらくVゾーンがARTになっているのかと思われますが、打ち手にとってはARTに突入していないのに、これはなかなか厳しいものがあります。 ART中CBを利用して2.2枚を実現しているため、リプレイが揃いまくります。 ART中にはミッションの発生があるのですが、このミッションが「5G以内にベルを〇回揃えろ」というものリプレイが揃いまくるため、なかなか難易度の高いミッションとなります。 クリアした場合にもその後5Gでベルを揃えたら上乗せする感じだったので、そんなに多くの上乗せは出来ないかもしれません。 それがCBです。 これで2.2枚にしているためマイナス要素なのかと思えるのですが、実はここにこの機種の秘密があるようです。 特定出目(リプ・リプ・ベル)の後はベルが揃うのですが、その後の選択肢が以下の3種類。 そしてこの3のパターンだとレア役扱いになるらしく、上乗せやボーナスなどにも期待出来ます。 というか結構熱いです。 そのためリプ・リプ・ベル後のレバーに力が入りますし、中押しナビが来た時のボタンを押すのにも力が入ります。 このドキドキ出来る感じはとても良いと思いました。 出玉関連 自力解除のヒキに大きく左右されますが、チャンスゾーンにも適度に入るため、そこまで初当たりが重く感じませんでした。 純増枚数がAT機よりは劣るため若干物足りなさはありますが、1000~2000枚程度ならば、大変ではあるものの現実的なところなので、それを積み重ねる感じで出す機種だと思います。 「フェストゥムRUSH」の上乗せは、どんどん上乗せG数が多くなるので、かなりドキドキできる特化ゾーンだと思いました。 個人的総評 演出のところでも書きましたが、Vバトルのところでいろいろとイライラポイントがあります。 特に突入チャンスゾーンでの天井クリアは、山佐の戦国無双2を思い出させます。 そこはやめるべきだったと思います。 これらを我慢出来れば個人的にはアリだと感じました。 稼働継続予測と適正台数予測• 稼働継続:6~10か月 それ以降はバラエティへ• 但しVバトルのところがやはりいただけないです。 V揃いでARTは確定とし、役モノ入賞で初期ゲーム数優遇や特化ゾーンへ行くという感じで良かったのではないかと思います。

次の

パチスロ 言い訳はさせないわよ!by壇蜜(だんみつ) 新台 設定差まとめ|解析 設定示唆 設定判別 スペック 導入日

ファフナー スロット 新台

過去の導入一覧• 2020年• 2019年• 2018年• 2017年• 2016年• 2015年• 2014年• 2013年• 2012年• 2011年• 2010年• 2009年• 2008年• 2007年• 2006年• 2005年• 2004年• 2003年• 2002年• 2001年• 2000年• (C)2006, 2010 広江礼威・小学館/BLACK LAGOON製作委員会 (C)Spiky(C)NANASHOW• (C)BELLCO• (C)2006 竜騎士 07/ひぐらしのなく頃に製作委員会・創通 (C)2007 竜騎士 07/雛見沢御三家 (C)2009 竜騎士 07/雛見沢御三家 (C)2011 竜騎士 07/雛見沢御三家• (C)2020 TAKEYA Co. , Ltd. All Rights Reserved. (C)株式会社 Life Promotion• (C)CAPCOM CO. , LTD. ALL RIGHTS RESERVED. (C)2012「貞子3D」製作委員会 (C)2013「貞子3D2」製作委員会• (C)Spike Chunsoft Co. , Ltd. All Rights Reserved. (C)Spike Chunsoft Co. , Ltd. (C)Spike Chunsoft Co. , Ltd. (C)HEIWA Character design by SHIROGUMI INC. (C)UNIVERSAL ENTERTAINMENT• (C)松竹・ABCテレビ (C)KYORAKU• (C)石森プロ・東映• (C)KITA DENSHI• (C)福本伸行/講談社・VAP・マッドハウス・NTV・D. ドリームパートナーズ (C)福本伸行/講談社・VAP・NTV (C)Sammy.

次の

パチスロ 蒼穹のファフナー スペック・解析情報

ファフナー スロット 新台

スペック解析 基本情報 導入日 2019年10月21日 導入台数 (販売目標) 約5,000台 タイプ AT AT純増 約2. 7枚~約3. 設定6の機械割は 112. ただ、今までの6号機の稼働状況を見る限りでは完全にリゼロのような高純増タイプが人気なので、 出玉スピードがマイルドな蒼穹のファフナーの人気が出るかどうかは怪しいところ。 個人的には嫌いなスペックではないのですが、年末にかけて高純増AT機の導入が増えてくるのも蒼穹のファフナーにとってはマイナス要素です。 公式サイト・PV動画 公式サイト: 天井恩恵解析 天井条件 1. CZ失敗1~10回 天井恩恵 1. フェストゥム強襲 2. エグゾダスループ 3. Vバトル 蒼穹のファフナー エグゾダスはゲーム数天井とCZスルー天井の2つを搭載しており、さらにゲーム数天井は2段階構成になっています。 ・右リールは適当打ちしてもレア小役の取りこぼしはなし。 通常時の打ち方 1. 左リール上段付近に 黒BARを狙いつつ右リールを適当打ち。 角チェリー停止時は中リールに 同化絵柄を狙い、右リールは適当打ちで消化する。 左&右リールにスイカテンパイ時には、中リールにも 黒BARを目安にスイカを狙う。 下段BAR停止時は中リールも適当打ちで消化。 まずは左リール上段付近に黒BARを狙いつつ右リールを適当打ちし、停止形に応じて中リールを打ち分けましょう。 角チェリーが停止した場合には、中リールに同化絵柄を狙うことでフラグ判別ができます。 左&右リールにスイカがテンパイした場合は、中リールにも黒BARを狙ってスイカをフォロー。 スイカには強弱の概念はなく、スイカハズレの形は強チャンス目です。 ボーナス・AT中の打ち方 1. ナビ発生時はナビに従って消化する。 「~狙え!」発生時は指示に従って指定の絵柄を狙う。 演出発生時は通常時の打ち方手順でレア小役をフォロー。 1~3以外の場合は適当打ちで消化。 ただし、いずれの小役に関しても基本的には設定差が小さめで、出現率に最も大きな差が付けられている同化チェリーは出現率がやや重めに設定されているのがネックです。 ボーナス確率の設定差は小さいですが、AT初当たり確率に大きめの設定差が付けられているほか、Vバトル突入率にもそれなりに大きめの差が付けられているため、設定狙いの際にはしっかりとチェックしておきましょう。 また、ボーナス・AT終了画面でも設定を示唆しており、出現時点で設定5以上濃厚となるパターンも盛り込まれています。 1倍ほどの差しかありませんが、AT初当たり確率は設定1と設定6で約1. 9倍と大きめの差が付けられているため、解析が出揃っていない導入初期はAT初当たり確率からザックリと設定の高低を絞り込んでいきましょう。 4倍ほどの差があります。 いずれに関しても分母の割には設定差が小さめなので、補助的な設定判別要素と捉えておきましょう。 奇数設定示唆、偶数設定示唆パターンはボーナス終了画面と変わらず、美羽とエメリーが同時に出現すれば高設定示唆に。 設定状況に期待できる状況かつ早い段階で複数回確認できれば、設定狙いで粘ってみる根拠になりますね。 フリーズ恩恵はコンボVチャレンジとなっており、Vチャレンジに成功した分だけ恩恵が追加されていきます。 なお、計3回のVチャレンジの成功報酬は「Vアタック」と「AT中のボーナス」、「クロッシングチャージ」です。 ・同化チャンス成功でボーナスorAT確定。 ・強レア小役成立時はボーナス確定。 ・基本的なゲーム性はフェストゥム襲来と同じ。 同化チャンス ・同化チャンスはレバーON時に発生することがあり、いずれかのリールに同化絵柄が止まれば成功となる。 ・同化チャンス成功時に役モノが作動し、V入賞すればAT確定。 ・レア小役成立時、役モノ作動時やV入賞時に同化チャンス回数加算抽選あり。 ・「Vアタック」獲得をかけたVチャレンジ、「AT中のボーナス」獲得をかけたVチャレンジ、「クロッシングチャージ」獲得をかけたVチャレンジが発生する。 ボーナス中ゲームフロー・解析情報 蒼穹のファフナー エグゾダスは通常時とAT中でボーナスの性能が変化します。 AT中ボーナスの純増枚数は約3. 蒼穹ボーナス ・20G継続する擬似ボーナスで、平均獲得枚数は約30枚。 ・消化中のレア小役成立時や同化チャンスでVバトル、AT突入抽選が行われる。 ・消化中に青7が揃えばAT確定。 ・ボーナス絵柄の入賞ラインによってAT期待度が変化。 入賞ライン 示唆内容 中段 通常パターン 右上がり AT当選のチャンス 右下がり AT当選確定 AT中ボーナス ・30G継続する擬似ボーナスで、純増枚数は約3. 織姫チャンス ・AT中のボーナス消化中の7揃いを契機に突入する差枚数上乗せ特化ゾーン。 ・織姫チャンスに突入すれば3ケタ上乗せ濃厚。 AT中ゲームフロー・解析情報 AT「蒼穹作戦」は純増枚数約2. 「クロッシングキープ」を4セット継続することでクロッシングチャージに突入、Vアタック中に上乗せが200枚に到達すると「WアップVチャレンジ」が発生など、自力感の強いゲーム性になっていますね。 また、天井到達後に特定条件を満たした場合などに突入する高継続率の特殊AT「エグゾダス ループ」も搭載されており、純増枚数がマイルドな代わりにAT継続性能は高くなっていそうです。 蒼穹作戦 ・蒼穹作戦は差枚数管理タイプのATで、AT純増枚数は約2. ・AT突入契機によって初期枚数の決定方法が変化。 ルガーチャンス ・AT初期枚数orVアタックの抽選ゾーン。 ・ボーナス中の青7揃いやボーナス終了後のチャンスステージを経由して突入。 クロッシングキープ ・1セット5Gの自力CZ。 ・4セット継続することでクロッシングチャージに突入する。 エピソード ・クロッシングキープ中にエピソードが発生すれば継続確定。 クロッシングチャージ ・10G継続する差枚数上乗せ特化ゾーン。 ・保証ゲーム数消化後は3枚役成立時に転落抽選が行われる。 ・上乗せ演出は毎ゲーム上乗せタイプの一輝、同化チャンス上乗せタイプの総士、最終告知タイプのエメリのいずれかから選択可能。 ・上乗せ枚数が200枚に到達することでWアップVチャレンジが発生する。 エグゾダスループ ・天井到達後に特定条件を満たした場合などに移行することがある特殊AT。 ・1セット目の継続ゲーム数は50G、2セット目以降の継続ゲーム数は20G。

次の