私 以外 みんな 漫画 ネタバレ 7。 ワタシ以外みんなバカ【ネタバレ第7話】経費一千万円削除に向けて動きだす和代

ワタシ以外みんなバカのネタバレ4話!感想!和代の悪事暴かれる!

私 以外 みんな 漫画 ネタバレ 7

もくじ• ワタシ以外みんなバカ あらすじ 主人公の 泉和代(いずみ かずよ はいわゆる「仕事の出来る女」です。 今日も会議中に、他の女子社員を見て「下の中」「下の上」などとランクをつけていきました。 「あ~あ、ウチの会社って本当にレベルが低いわよねぇ~」 一方、和代も言うだけあって、それなりの実力も持ち合わせていました。 上司からも評価されるし、自称「ビジュアルもちゃんとしている」。 なので、自己評価的には「上の下」でした。 ただ、未婚なので、「結婚すれば上の中」と、内心で思っているのです。 そんな風に、仕事もプライベートも充実しているように見える和代。 ところが、和代は自己評価が過剰に高く、常に上から目線で、キツイ性格のなのです。 そして、 自分が思っているほど、ビジュアルもよくないのです。 この物語は、そんな和代の性格が災いしていく物語なのです…! ワタシ以外みんなバカ ネタバレ 和代は部長からの評価が高いのをいいことに、同僚や後輩にはキツく当たります。 今日も、他の社員のミスを大声で指摘し、怒鳴りつけるのでした。 もちろん、怒鳴られる社員たちは和代の事を嫌っていて、陰口を叩きます。 しかし、和代のプライドやメンタルは、その程度の事では全く傷がつかないのでした。 そんなある日、新しく派遣社員の 綾瀬百合子(あやせ ゆりこ)という女性が入社してきました。 百合子は、今日から和代の元につき、補佐することなりました。 百合子は、爽やかそうなルックスなのですが、和代に言わせれば「中の下」で野暮ったい子という評価でした。 というわけで、和代は思いっきり見下しながらも、社内の案内を始めていくのですが…!? イケメン社員登場! 和代は、百合子の案内をしていると、1人の男性社員が声をかけてきました。 彼の名は「 袴田(はかまだ)」。 袴田は爽やか系イケメンで、百合子のお気に入りです。 なので、袴田が現れると和代はぶりっ子をし、「袴だっちぃ~」とあざとい演技を繰り出すのです。 それから袴田は、百合子に、こう言いました。 「泉さん(和代)は仕事が出来る人ですよ!」 「でも、性格キツイから、負けないようにね!」 それを聞いた百合子は言いました。 「いえ、私はハッキリ言って下さる方がありがたいです!」 そんな百合子のまっすぐな言葉に、袴田も好印象でした。 「おっとりしているように見えるのに、いいね!応援するよ」 そのやり取りを聞いて、和代は嫉妬しました。 「袴田っちったら、またやってる。 ヤレヤレ…」 それから、袴田は去り、一通りの案内は終わったので、2人は休憩します。 その時、和代は言いました。 「さっき、袴田くんに褒められたと思ったでしょ?」 「でも、袴田っちのいうおっとりって」 「 デブって意味だから、勘違いしない方がいいよ」 それから、和代は他の女性社員もけなし始め、さらには袴田の事も「ああやって突っかかってくるのは仕事のジャマ」などと言いました。 そんな和代の数々の暴言に、何かを悟った百合子。 そして、仕事終わりに百合子の歓迎会も兼ねた飲み会が始まるのですが…!? 飲み会の席で… さて、飲み会においても、和代節は止まりません。 和代はさっそく上司の元にすり寄って、あからさまに媚びを売っていきます。 それは他の社員にとっても「清々しいほど」の媚びっぷりでした。 しかし、和代にとっては、上司すらも「中の中の女」でした。 なので、媚びを売りながらも内心では上司をバカにしまくっているのです。 「 何で私がこんな女にヘコヘコしなきゃなんないの 」 さらには、「こんな使えない人間ばっかのに、すごいですよ!」と同僚たちを貶めつつ、上司を持ち上げるというテクニックも披露。 それを聞いた同僚たちは、百合子に言います。 「あれ、私たちに聞こえるように言ってるのよ」 「あの人はそういう人よ。 これからまぁ、がんばってね」 百合子は困りながらも「は、はい」とだけ返事をします。 しかし、和代は実際仕事も出来るようで、その点は評価されていました。 その一方で、「あの性格だから人望はゼロだけど」という事も言われています。 それから和代は、百合子の元にやってきて、こう言います。 「あのさー、せっかく部長と飲める機会なのに、もっとアピールしなきゃ」 「こんな下々の人間を相手にしてちゃダメでしょ」 そう言われた同僚たちも黙ってはいませんでしたが、結局和代に言われたい放題。 そんな大きな顔をして優越感に浸る和代ですが、ある男の登場によって、事態は一変するのです…! 嫉妬する和代 飲み会の席に遅れてやってきたのは、イケメンの袴田でした。 彼は、最初は和代と話していたのですが、釣りの話で百合子と意気投合するのです。 そこで蚊帳の外になってしまった和代は、イライラを募らせて思います。 「これは、釘を刺しておかなきゃね…」 それから、飲み会が終わった後、和代は百合子にこっそりいました。 「あのさ、綾瀬(百子)さん」 「さっきみっともなかったよー」 「急に男にとりいっちゃってさー」 そういって、百合子の事をディスり始めていくのです。 しかし、それを言われた百合子は、「もう少しちゃんとお話ませんか?」と、2軒目のお店に誘うのです。 それに対し、和代も勘ぐりながらもついていきました。 ところが、百合子は笑顔で言いうのです。 「私、泉(和代)さんって、カッコいいなって思いました!」 思わぬ発言に、和代も「は?私の話?」と肩透かしを食らうのです。 それから百合子は和代の事ををべた褒めしていくのです。 すると、和代も気分を良くして 「あれ?この子、私にあこがれちゃってんじゃんー」と、調子に乗るのです。 それから和代はルンルン気分で帰宅し、 「 百合子は ちんちくりんだけど、なかなか理解力はあるようね」と、すっかり気をよくします。 そして、和代は帰宅すると、なんと「袴田」が裸になってベッドで眠っていました。 袴田は目を覚ますと、和代に「とっととシャワー浴びてこいよ」と命令しました。 それから和代は嬉々としてシャワーを浴びながら思います。 「ホント、私って」 「人や男から愛されちゃうのよねー」 ~ワタシ以外みんなバカ 2話に続く!~ ワタシ以外みんなバカ 1話 感想 和代はたとえ仕事が出来ていても、性格がクズ過ぎなのでムカつきました。 というか、本当に仕事が出来る人は、チームワークやリーダーシップを大切にするわけで…。 それにしても、こういう上から目線の勘違い女って身近にいたりしますよね。 本人は偉いつもりで、そこそこ仕事が出来ているとしても、いうほど大したことなかったり。

次の

ワタシ以外みんなバカ最終回のネタバレと感想!結末が気になる!|漫画ウォッチ

私 以外 みんな 漫画 ネタバレ 7

ワタシ以外みんなバカ 作者:かたおかみさお・egumi 3巻 未完結 こんにちは! 『ワタシ以外みんなバカ』1話~3話まで全話のネタバレです。 こんな言葉耳にしたことがありますか? 『レベルの低い話をしている…』 『うちの会社はバッカばっかり』 この漫画に主人公の泉は、 周りの人はバカばかりで、低レベルな人が 集まっている。 そう思っていました。 そして、人を見るなり、 あの人は下の中、あの人は中の中。 と言葉にはしないけど、 心の中で人のランク付けもしていたのです。 そんな泉にとって世の中がどのように見えるのか? もしかしたら、こんな女性周りにいるかもしれませんよ…。 ワタシ以外みんなバカの全話ネタバレ ワタシ以外みんなバカ1話 うちの会社は本当にレベルの低いひとばかり…。 そんな風に思いながら会社のミーティングに参加している泉。 同じミーティングに参加している鈴木さんを見て、 顔も地味だしいつも空回り、あの人は下の中。 大島さんは痩せればカワイイけど、 太っているから下の上。 そんな風に人間観察をしている。 しかし、泉は仕事は出来る。 部長から意見を求められれば、 的確な答えをいいます。 しかし、周りからは泉のようには なりたくない。 そう思われていることも知らずに…。 なぜなら、皆泉から見下されていることを 知っていたからです。 ワタシ以外みんなバカ2話のネタバレ 泉は酷い勘違い女でした。 それは、袴田に愛されている。 そう思っていたのです。 確かに、泉と袴田はセフレ。 そして、袴田は既婚者でした。 泉の自宅で、身体を重ねる袴田。 しかし、 それは性欲を満たすためだけに している行為のようにも見える。 袴田は事が終われば、タクシー代を泉から もらいサッサと帰宅するのでした。 そんな袴田を見ても、泉は『今日は激しかった。 』、 『奥さんよりもいいのね…可哀そう…』 そう思っていたのです。 そして、この2話で同僚の綾瀬ちゃんが、 泉主催の合コンに参加。 ワタシ以外みんなバカ全話の感想 このワタシ以外みんなバカの泉が面白くって ハマってしまい一気に1話から3話まで読んでしまいました。 『周りはバカばっか』 『低レベルな話ばかり…』 どこかで聞いた事ある言葉が出てきて、 こういった人は意外といるのかな!? そんな風に感じながら読んでいました。 今後、プライド高そうな泉が手掛けるプロジェクトが 上手くいくか!?気になる所です。 自分は上の下といっている泉。 袴田にバカにされて今後どうでるのだろう? そこも見所な気がします。 「ワタシ以外みんなバカ」はBookLive!で 200円で読むことが出来ます。 新規のみ1冊半額で読むことが出来ます。 無料お試し読みもあるので、 良かったら読んでくださいね。 BookLive!は です。 「ワタシ以外みんなバカ」と検索してください。 カテゴリー•

次の

私以外みんなバカ 7巻のネタバレ<イライラムカムカするけど・・・>: 私以外みんなバカ<ネタバレ・無料情報>マジでこれがヒロイン!?え???

私 以外 みんな 漫画 ネタバレ 7

仏壇に手を合わせる村井文未乃は、古本屋内の客から声を掛けられ、出向きますが… 一瞬、裕行に見えたと思いきや、全然違う男性客だと気づき、何もなかったかのように、目的の本を探してあげます。 その頃、葵はライブ前の一服をしていて、間も無く本番とのスタッフの声に導かれ、ステージへと向かいます。 そのライブハウス内では、麻希が友人を待っていて、開演ギリギリでようやく合流し文句タラタラ。 さて、裕行はその時、大阪・通天閣付近を歩きながら、あの時死んだカコのスマホから一部を除いた全ての真相が書かれていたのを思い出します。 カコが犯した事件の全ては発覚したものの、裕行が犯した罪が一切書かれていなかった。 後日、刑事の西田に全てを語ったところ、やはり時効成立・未成年ということで罪として立件不可能との回答。 どうにか罪を償う方法はないかと喘ぐ裕行に一言。 さて、その頃ライブハウス内で、葵が来るのを待つ客の中に混じる麻希と友人。 なぜ、麻希が裕行と別れなかったのか、理解に苦しむ友人に、淡々と語ります。 人は人を傷つけるし、誰にとっても都合の良い人などいない。 許し合うことでしか他人といることなどできない。 そして、裕行は絶対に麻希を裏切れない。 なぜなら、この世で唯一、裕行を許してくれる存在だから。 それは、自分が変わらない限り、ずっと変わらないものを手にしたのと同じだと、ステージで歌う葵に問いかける笑顔を向ける麻希。 すると、一人の少女が駆け寄ってきて、見ると自分の愛娘・ヒワの姿。 手を差し伸べるヒワに、裕行は自分の手を差し出すと、手のひらが血に染まっているように映り、同時に自分の親父と同じ顔で笑います。 元妻が9時に迎えに来ると行って去っていき、束の間の娘との時を過ごせる裕行。 今まで出会った女達もまた、それぞれの日常を取り戻す様子が描写されます。 ただ、娘の手を握る裕行の手は、拭うことのできない大量の血が塗りたくられたままで… この先は、次号の漫画アクションの発売までお待ちください! 監禁嬢の最新話を無料で読む方法 『監禁嬢』の 最新話ですが、せっかくなら カコたちの 絵も含めて読んでみたいですよね。 そんな時、 U-NEXTなら初回登録後すぐに 無料で読むことができます! 監禁嬢80話の感想・考察 カコへの贖罪は永久にできない!? 誰もが過ちを犯し、それを許すことで他人と繋がっていられる。 麻希が言った言葉は、裕行の世間的なハレンチ行為とは、別次元の底なしの闇を共有した唯一無二の人間であると、言い換えられるのではとも感じました。 被害者から被疑者になったカコが、見るも無残な自殺で、裕行以外はもうこの世にあの事件を語れる者はいないという事実。 そして、当然起訴することもできないため、あの事実を永久にカコの死に様と共に、抱えて生きていかねくてはならないわけです。 最後に叶わなかったカコの目的が、巡り巡って裕行を最大級に苦しめる結果になり、彼自身もそれを受け止める覚悟でいる様子と思われました。 でも、最後の娘の手を握ろうとした血染めの手を見て、笑った顔が、カコの父で笑っていた裕行父の顔と重なり… 実は、心の奥底で既に快感に変わっていたのではないかと、勘ぐってしまうくらい、極めて異質な人格を覗かせました。 結局、この監禁嬢で伝えたかったことは何だったのか? 壊れた人格者に恥辱の限りを尽くされ、復讐に生きる女。 その女に人生を破壊された人々。 何も知らずに、女に追撃され続ける裕行という平凡な高校教師。 死を免れた人間達は日常に戻るも、裕行だけは戻ることができず、死んだカコに未だ監禁されている状態。 自分の犯した罪からは、逃れられないという教訓が閉じ込められている作品であると捉えられる側面もあるのではないでしょうか。 まとめ 以上、『監禁嬢』80話 最新話 のネタバレと感想でした。

次の