日産 アリア。 【日産 アリア 最新情報】日本発売日、外装、内装、サイズ、航続距離(走行距離)、バッテリー容量、価格予想など。7月15日発表!

7月にデビューする日産の新型EV「アリア」はGT

日産 アリア

1、最大航続距離610km、プロパイロット2. 0を搭載する魅力的なEV(電気自動車)が2021年に日本でも販売開始します。 アリアコンセプトがそのまま市販化されたような、近未来的なエクステリアが特徴で、日産のデザインアイコン「Vモーション」は白く光り、スリムは4連ヘッドライトがEVらしい先進性を感じます。 シルエットは近年流行しているシームレスなプレスラインのクーペSUVで、ウインカーが流れるシーケンシャルターンランプを装備します。 また、アリアはEVなのでエンジンを冷却する必要がなく、スモークパネルでグリルを覆うグリルレス仕様になっています。 ホイールは19インチと20インチの2種類をグレード別に設定していて、65kWh仕様のモデルには19インチ、最大航続距離約610kmの90kWh仕様のモデルには20インチのホイールを設定すると考えます。 新型アリアは2021年中頃、日本から発売開始する予定で、2021年末に欧州(ヨーロッパ)、北米(アメリア)、中国に順次拡大します。 日産から久々に登場した新型車ということで世界中から注目を浴びた新型アリアは、実用性の高いEVに仕上がっているため、世界の自動車市場を激変する可能性のある日産期待のモデルと言えるでしょう。 アリアは間をキーワードにした広い室内も魅力 物理スイッチを排除した先進的なインテリアも特徴 Dセグメント並みの広さに物理スイッチを排除した革新的なインテリアの新型アリア アリアの室内空間はフラットデザインを採用、空調ユニットをモータールームに設置することで実現したCセグメントながらDセグメント並みの広さが魅力です。 またセンターパネルの物理スイッチを全て排除したEV(電気自動車)らしい先進的な室内デザインを採用、車の電源を入れると浮かび上がるスイッチが特徴的です。 センターディスプレイには2つの12. 3インチディスプレイを配置、2つのディスプレイをシームレスに使うこともでき、ドライバーをサポートするコネクティッド機能も搭載します。 「ハローニッサン」の合図で様々な機能を制御できる音声認識にも対応、スマートフォンとの連携機能もあり、リモートでエアコンなどを操作することも可能です。 センターコンソールはドライバーのポジションに合わせられるよう、電動で前後に移動できます。 アドバンスドアンビエントライティングというライティングシステムを採用するシフトノブなども新型アリア専用に開発しています。 アリアのボディカラーはモノトーンカラー3色と2トーンカラー6色の全9色を設定 新型アリアはテーマカラーになっているカッパー系の2トーンカラー「暁(あかつき)」をはじめ、6色の2トーンカラーと3色のモノトーンカラーを設定。 種類の多さから2トーンカラーがメインになり、暁というボディカラーを設定していることから、和名の名称で統一する可能性も考えられます。 新型アリアのモノトーンカラー一覧• ブラック系• グリーン系• シルバー系 新型アリアのグレードは65kWh仕様車と90kWh仕様車に駆動方式2WDと4WD(e-4ORCE)の4種類をラインナップ 新型アリアはバッテリー容量と駆動方式の違う4種類のグレードを設定。 90kWh仕様車ではWLTCモードで最大航続距離610kmになるとのことで、ガソリンモデル並みかそれ以上の距離を1回の充電で走ることができます。 またEVの弱点でもある充電時間の長さも130kW急速充電を使えば30分ほどで最大375km走行できるとしています。 ボディサイズはトヨタのRAV4に似ていて、アリアの方が全長・全幅が5mm短く、全高も30mm低くなっています。 1秒と驚異的な走行性能を発揮します。 5秒 7. 6秒 5. 4秒 5. 0が標準装備 新型アリアの販売価格は、補助金などを使うと実質約500万円からになると発表されています。 ピュアEVではないPHEV(プラグインハイブリッド)ですが、ライバルになりうるトヨタのRAV4 PHVが4,690,000円から5,390,000円、三菱のアウトランダー PHEVが3,939,100円から5,294,300円なので、走行性能・装備面・環境性能などを考慮すると、新型アリアはとてもお買い得なモデルだと考えます。 また新型アリアの最上級グレードにあたる90kWh仕様車のe-4ORCモデルには、2019年のスカイラインから導入したプロパイロットより精度をより高めたプロパイロット2. 0を装備、自動運転レベル2に相当する最新鋭のシステムです。 レベル3の自動運転については「搭載しない」ということを日産が公式で明言しています。 新型アリア発表前の噂や情報まとめ アリアコンセプトについても紹介 日産が10年振りに発売する新型車として、次世代技術を余すところなく搭載した新型EVとして発売する期待の新型アリア。 コンセプトをそのまま市販化したような個性的でダイナミックなエクステリアも魅力のアリアについて、発表前の噂や情報、アリアコンセプトについてまとめています。 アリアの市販モデルを2020年7月15日に発表 室内空間の広いピュアEVが誕生 2020年7月に発表予告された新型アリア市販モデルのティザーイメージ 2019年の東京モーターショーで発表されたアリアコンセプトが電気自動車の「アリア」の名前で2020年7月15日14時から発表予定です。 2020年5月28日に行われたNISSAN NEXTでは「新型アリアを2020年7月にワールドプレミアする」ことを発言しており、東京モーターショーで発表されたエクステリアとほぼ同じエクステリアになると予想されています。 2020年6月24日には米国日産のニューススリリースで新型アリアの市販モデルになるティザーイメージを公開。 そして2020年7月1日にティーザーサイトをオープン、2020年7月15日にワールドプレミアすることも日産公式が発表しました。 2020年7月10日には中継予告として新型アリアの走行シーンを撮影した動画が公開されています。 動画には雪上を走るシーンやヘッドライトのシルエットなどが収録され期待が高まる内容になっています。 アリアは100%電気で走るピュアEVで、日産のリーフやテスラのモデル3のようにエンジンではなくモーターで走行します。 注目はスカイラインに搭載された自動車専用道路などで手放し運転可能な「プロパイロット2. 0の搭載」です。 市販化されるアリアも近いサイズ感になると予想されているため、実用性も高いピュアEVになると考えます。 ARIYA CONCEPTのエクステリアは日本的な要素を取り入れた新しいデザインを採用 日産アリアコンセプトのサイドからのエクステリア アリアコンセプトのリアビュー 幾何学模様が印象的な日産アリアコンセプトのグリル 「タイムレス ジャパニーズ フューチャリズム」をデザインの方向性として定めている日産アリアコンセプトは、電気自動車らしい先進的な雰囲気をまとっています。 ボディカラーは夜明けの色を思わせる「彗星ブルー」で、遠目ではマットなディープブルーですが、近くでよく見てみるとガラスフレークがチラチラと輝きます。 ルーフラインにはカッパーを取り入れており、神秘的な印象を与えます。 フロントのエンブレムには新デザインのロゴを採用 また、空気抵抗をできるだけ少なくした滑らかなボディラインも特徴的です。 日産のアイコンであるVモーションを取り入れたフロントグリルには、クリアコートに馴染む幾何学模様のデザインを採用。 エンブレムのブランドロゴも刷新されていて、今後アリア以外の新型モデルにも採用されていく見込みです。 日産アリアコンセプトのリアスタイル 日産アリアコンセプトのリアに注目すると、一体化したテールランプがボディのサイドまで長めにレイアウトされています。 リアウィングを高めに設置することで、悠々と大きな存在感が強調されています。 日産アリアコンセプトのホイールデザイン 車高は高めに設定することで躍動感を表現。 タイヤとホイールのサイズが21インチと大径なため、より迫力のあるスタイルとなっています。 ルーフと同様、5本スポークデザインのアルミホイールにもカッパーのアクセントが施されています。 日産アリアコンセプトのインテリアはエクステリアとの統一感も感じられる機能美デザイン 日産アリアコンセプトの車内シート すっきりとシンプルなデザインにまとめられた日産アリアコンセプトのインテリア。 レザーシートはブラックをベースにカッパーを取り入れています。 パーフォレーション(穴あけ加工)がほどこされているため、湿気の多い夏場などにも快適な座り心地を実現します。 日産アリアコンセプトのフロントの足元 足元やドアトリムには、日本の組子からインスパイアされたモダンなパターンをレイアウトしています。 行灯を思わせるイルミネーションも、「タイムレス ジャパニーズ フューチャリズム」を表現するひとつの要素です。 新開発のプラットフォームを採用することで、定員の5人がフル乗車してもリラックスして過ごせます。 車内のフロアはフラットになり、足元にもDセグメント並みのゆとりを確保することができています。 日産アリアコンセプトのコックピット アリアコンセプトのコックピットには高精細な12. 3インチのディスプレイモニターを搭載。 木製部分のインストルメントパネルに組み込まれたスイッチは少なめで、直感的に操作しやすく整然とした印象を与えます。 アリアコンセプトは日産が持つ先進運転支援技術を惜しみなく投入した未来の車 アリアコンセプトの先進運転支援システムが快適なドライブ体験に貢献 日産アリアコンセプトには新型スカイラインにも採用された最先端の運転支援技術「プロパイロット2. 0」が搭載されています。 プロパイロット2. 0では高速道路走行時でのハンズオフ機能を可能とし、ロングドライブや渋滞によるストレスを軽減。 プロパイロット2. 0起動中は車内のイルミネーションが切り替わり、リラックスできる室内空間を演出します。 さらに、駐車操作をサポートする「プロパイロット リモートパーキング」も導入。 リモートパーキングは、スマートフォンなどを利用したリモート駐車を行える非常に便利な機能です。 日産アリアコンセプトの走行性能・航続距離・価格・発売時期を予想! パワートレインにツインモーターの4輪制御システムを採用しているアリアコンセプト。 バッテリーやモーターの性能はリーフから大きく向上しており、力強い加速性能と悪路走行中での高いトラクション性能を実現しています。 一度の充電での航続距離については、現行モデルの日産リーフ(62kWhバッテリー搭載車)で最大570km(JC08モード)であることから、アリアコンセプトではこれを超える600kmに到達すると予想されます。 参考として、日産リーフ(62kWhバッテリー搭載車)の価格帯は4,411,000円~4,998,400円。 アリアコンセプトが現時点でどれほどのバッテリー容量となるのかは分かっていませんが、ベース価格は5,000,000円前後になると考えられます。 なお、アリアコンセプトはほぼこのままのデザインで市販化が間近とされていますが、市販モデルの発表は2020年7月になると発表されました。 現時点では日産ブランド限定で、インフィニティでの販売は予定されていません。 アリアコンセプトは日産の未来を担う革新的な一台! 東京モーターショー2019でまさに彗星のごとく登場した日産アリアコンセプト。 先進性に満ちたハイセンスな内外装デザインと優れた走破性、そして充実した先進装備が魅力のクロスオーバータイプのEVです。 「プロパイロット2. 0」では車間距離の維持や車線逸脱防止機能により高速道路走行時のストレスを軽減するほか、スマートフォンを通して車両を自動駐車できる「プロパイロット リモートパーキング」を備えるなど、ユーザーからの期待値も高いモデルです。 はっきりとした発売時期については現時点では明言されていませんが、アリアが街中を走る日が今から待ちきれません。

次の

日産アリア登場! 量産EV第3弾は最大610km走行可能なハイテクSUV

日産 アリア

出典:日産自動車 横浜の日産グローバル本社にある日産パビリオンで開かれたオンライン発表会で内田誠社長は、 「アリアは日産の歴史の中で新たな扉を開くモデル。 日産リーフ発売から10年、私たちにはEVのビッグデータを活用したノウハウが蓄積された。 クロスオーバーEV「アリア」は、モーターショーなどで披露されるコンセプトモデルかと思えるような未来的な外観を特徴としている。 フロントの凹凸の少ない目新しいグリル部分(日産はシールドと呼んでいる)のデザインには、テクノロジーを詰め込んだピュアEVっぽさが漂う。 実際この内部には日産の自動運転システム「プロパイロット2. 0」などのセンサー類が組み込まれているという。 エアコンの操作パネルは木目調のパネルに一体化。 ハプティック(振動による触覚表現)で、押した感触を再現するなど、随所にハイテク感を詰め込んでいる。 出典:日産アリア オンライン発表会よりキャプチャー 発表会では、2種類のバッテリー容量(65kWh、90kWh)、2種類の駆動方式(2WD、AWD)、計4つのグレード展開が明かされた。 一方、最上位モデルは、ゼロ発進からモーターのフルパワーを起動できるEVらしさを感じさせるものだ。 加速性能では2. 2トンのボディーを5. 日産が公開したアリア日本仕様の性能シート。 大容量のバッテリーを床下に搭載するため重量はそれなりに重く、最大で2. 2トン。 出典:日産自動車 最上位モデルも含めた具体的な価格は非公開。 ただし、発表会後に設定された執行役副社長・中畔邦雄氏らとの質疑応答では、 「グローバルに展開するモデルだが、サイズ的には(テスラでいえば)Model Yに近いと思っている」とし、同様の価格帯を狙っていることを匂わせた。 車格クラスはModel Yと同じでも、室内空間を広く確保したり、日産GT-Rからのフィードバックもあるという新開発の4輪制御技術「e-4ORCE」の搭載などで、「ユニークな価値を提供できる」(中畔氏)と自信を見せた。 自動運転「プロパイロット2. 0」も進化、OTAアップデート機能も プロパイロット2. 0の動作イメージ。 準天頂衛星への対応で測位精度はスカイライン搭載のものよりさらに高精度になっているという。 出典:日産自動車 な、自動運転レベル2にあたる先進運転システム「プロパイロット2. 0」も一部強化されている。 新たに準天頂衛星システムなどを使った高精度な測位を可能にしたことで、アメリカのフリーウェイなどの幅が広く多車線の道路でも、より正確な自車位置測位ができるようになるという。 システム更新については、OTA(Over-The-Air)での一部システムアップデートにも対応する。 テスラ車の場合、OTAによって機能そのものが増えたり、自動運転の精度が向上したりといったシステムの根本的な刷新に近い変更を体験できることがウリにもなっている。 出典:日産自動車 アリアの開発にあたっては、4輪制御技術「e-4ORCE」の開発から5年、車両全体の構想も約2年前から進めていた。 プラットフォームを完全新設計するなど、通常よりも多くの開発コストを投じている。 とはいうものの、 「相対的に開発投資はかかっているが、販売価格設定とグローバルの販売台数も含めて、十分回収できるビジネスプランがある」(中畔氏)と、商品力と今後のプラットフォーム活用の展望は十分にある、とする。 アリアの世界戦略のカギの1つであるアメリカ市場への投入については、「(プロパイロット2. 0を含めた)アメリカでの現地評価も進めている。 特に大きな問題なく出せると思っている」と、アメリカ市場への投入計画も順調だとした。

次の

日産アリア(ARIYA)の最新情報|注目はココ!ボディサイズや日本発売時期,価格

日産 アリア

まるでコンセプトトカーのようなスタイルの日産アリア。 これが市販される時代となった。 あっと驚く形で登場した日産アリア。 これまで次世代、21世紀というのばぼんやりとした形で流れてきたが、ようやく21世紀が訪れた! そう感じるほど、シンプルで美しい車が登場した。 ここではそのアリアのデザインを見ていこう。 コンセプトカーとほぼ同じまま登場 日産よりEVのアリアが発表された。 その姿は2019年東京モーターショーで発表されたアリア・コンセプトそのもの。 まさに想像を絶することだ。 コンセプトカーとは、未来の青写真を垣間見せてくれるものであったり、この後に控える量産車の調査をするものであったりと、その時点では量産不可能なモデルでありながら、特化した形で未来を予感させるものだった。 それがアリア・コンセプトは、見るからに未来の形。 一般的にはこのコンセプトが受け継がれながらも「ちょっと違う現実的な形で登場するのだろう」と多くの人たちが感じていた。 しかし、実際には、1年もしないうちにそのままの形で登場させてしまったのだ。 ピラー上部に流れるライナーが特徴。 ここをメッキだけでなく、ボディ同色カラーやブラックアウトとするのも魅力的。 このことは、今後のコンセプトカー作りにも大きな影響をもたらすと思われる。 今後はどのメーカーから出品されても、発表されたその通りの形で登場することに期待してしまうからだ。 ではこれまでの量産車に対する、コンセプトカーの違いはなんだったのだろうか。 コンセプトカーの特徴をひと言でいうなら、大胆さかもしれない。 かっこよさを強調するために、ランプ類なども含め、必然以上に大胆に表現されることで、アイデアスケッチのような印象を与えることができる。 それこそが、未来の形に映ったりするのだと思う。 こちらはアリア・コンセプトのスケッチ。 洗練された面構成も魅力的。 最新のEVプラットフォームが生む新たなフォルム アリア・コンセプトとともに紹介された新たなEVプラットフォーム用のレイアウト。 サスペンションと電動モーターは、前後ともサブフレームにマウントされる。 こうしたことが実現できるのは、新しいEVプラットフォームを採用しているためだ。 フロアにバッテリーを搭載し、前後にはそれぞれ独立したサブフレームにサスペンション、電動モーターを抱え込む。 このレイアウトはアリアに存在する前輪駆動仕様にも、フロントオーバーハングを短く抑えながらも充分なトラクションを与えられる重量配分を与えてもいる。 エンジンという制約された寸法とは異なるパワーユニットなので、長いオーバーハングは必要としないのだろう。 つまりは内燃機関レイアウトでの常識が、もはや必要なくなっているということでもある。 重量級のボディだけに、クラッシャブルゾーンの確保も重要だ。 とはいえ、圧倒的に短い前後オーバーハングや、大きなキャビンは床下バッテリー式EVの特徴。 それでも、エンジンがないのに極端には短くないじゃないか、という声も聞こえそうだ。 しかし、それはクラッシュブルゾーンを確保する必要があるためだと思う。 リーフでも悩みの種だったはずで、車格に対して重いEVはどうしても内燃機関より不利になってしまう。 特にアリアではCセグメントサイズでありながら、2. 2トンにも及ぶボディを持っていることから、これはまさに相当に頑張って切り詰めたフロントのオーバーハングだと思う。 独立した横長の液晶パネルを2つ並列配置する。 センターの液晶がやや前に出るのが特徴で、指による操作性に配慮している。 またフロアは内燃機関モデルよりも広くスクエアに確保できている。 前後のシートのヒップポイントの制約も少なく、室内構成の自由度は極めて高いものと思われる。 むしろスクエアすぎるために、合理的構成にはまだ無駄な部分も多く生まれているはず。 むしろ人が安心、安堵できる車の室内の造形配置など、心理的構成を重視したように思う。 EVの室内にはまだまだ、ドラスティックな進化が期待できるはずだ。 もはやクロスオーバーではない必然の形 アリア・コンセプトのCG画像。 ハイライトとして見えるエッジの効いたショルダー面は、まるで日本刀のような緊張感をも感じさせる。 この形を見るときに、もはやクロスオーバーという表現は終わったと感じる。 むしろ背の高いことや、タイヤの大きいことをSUVと関連づける必要はないという主張が感じられる。 背が高いのはその用途から派生するのではなく、フロアにバッテリーを配置する新たなパッケージの個性だ。 ならば、ホイール内側の黒いガーニッシュは何? と思うところだが、ここはフェンダーの厚みやホイールハウスとタイヤの隙間を意識させたくない、というような思いがあるようにも感じる。 こうして登場した日産アリアだが、これからのカーデザインを大きく変える存在となったことは間違いない。 ここから始まる新たな形が、新たな「日産らしさ」を生み出していくのだと思う。

次の